救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中にすべての被害者の救出を!国民大集会 全報告



◆平壌の各国大使館で被害者保護を

上田清司(北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の知事の会会長、埼玉県知事)
 皆さんこんにちは。正直言って、年々気が重く、足が重くなります。40年、20年、15年。それぞれ意味のある年です。残念ながら平成14年の5人の家族会の帰国以外、帰国がありません。これほど熱心に総理を初め、拉致議連を初め、多くの方々が努力をなさっておられるにも関わらず、私たちの家族を、仲間を救出することができていません。
 4月14日に知事の会で、米山新潟県知事、平井鳥取県知事、三反園鹿児島県知事と私と4人で、加藤拉致問題担当大臣をお尋ねし、緊迫したこの朝鮮半島の情勢の中で、無事に、拉致された方々を日本に絶対に取り戻していただきたいというお願いにうかがいました。
 各国も大使館を持っています。当然緊急時には各国の大使館では、それぞれの国民を保護するために大きな動きをするはずです。残念ながら日本国は、大使館を持っていませんので、日本と関係の深い大使館を通じて同じような保護をしていただけないものかというご提案をさせていただきました。
 今日の国民大集会は、拉致問題を最優先として今年中に被害者を救出する。非常に大変な状況がありますが、しかしこういう時があるいはチャンスではないか。そういう思いをそれぞれ今日ご参集の皆様も持っておられると私は思っています。またピンチをチャンスに変えていただきたいと心から願うものです。
 私たちには地方で世論を喚起する、そういう動きしかできないことが残念でなりません。日本国民を救うのは日本国政府ただ一つだと思っています。加藤大臣初め、安倍総理をしっかり信じて、私たちなりにお支えして、家族の方々を無事に帰国させていただきますように、心からお願い申し上げ、私たちも一生懸命頑張ることをお誓い申し上げて挨拶といたします。どうぞ宜しくお願いいたします(拍手)。
司会 新潟県から知事が来てくだっています。新潟県は毎回知事が来てくだいます。米山隆一知事よりお願いします。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3