救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中にすべての被害者の救出を!国民大集会 全報告



◆なぜ朝鮮総連にもっと圧力をかけないのか

渡辺周(民進党拉致問題対策本部長)
 今政府、与党から色々なご意見がありました。私たちは拉致の最優先ということについて、政府、与党があまりにまだるっこしいことを言うようであれば、公の場で、今日お見えの原口一博先生や松原仁先生、笠浩史先生たちとこの拉致の問題、野党ならではの切り口から追及してきました。
 申し上げたいのは、なぜ朝鮮総連にもっと圧力をかけないのか(拍手)。朝鮮総連がこの国で自由に活動をしている。その朝鮮総連に対して日本の税金や補助金が出ている。だから北朝鮮にしてみれば、あの国は「怒っている、怒っている」と言いながら、北朝鮮の同朋に日本国内で普通に暮らしている。税金から補助金まで出ている。そういう間違ったメッセージを与えることになってしまっている。
 ですから我々は、政府、与党がまだるっこしいのであれば、私たちは提言をする。「今朝鮮総連に対しもっと圧力をかけろ。そして本国を動かせ」。そのことを是非皆さん方とともに取り組んでいきたいと思います。
 また今日いらっしゃる原口さんが朝鮮銀行の問題を折に触れて取り上げています。日本の一つ自治体の大きさに過ぎないGDPの国が、あんなに次から次へと核実験をし、ミサイルを飛ばすのか。あの破綻したところにつぎ込まれた金はどうなったのか。かつてこの国で取り組んだこの問題が北朝鮮の延命につながったのではないか。こうした歴史的な検証も踏まえながら政府、与党ができない圧力をかけたいと思います。皆で頑張りましょう(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3