救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中にすべての被害者の救出を!国民大集会 全報告



◆今正念場中の正念場

西岡力(総合司会、救う会会長)
 みなさんこんにちは。「拉致問題を最優先として今年中に全被害者を救え!国民大集会」を始めたいと思います。お手元の資料では、司会は櫻井よしこさんとなっていますが、先ほど電話があり、「どうしても来られない事情が生まれた」ということで、私救う会会長の西岡が司会をさせていただきます。宜しくお願いいたします(拍手)。
 今日のテーマは「最優先」です。北朝鮮は去年2回核実験をし、数十初のミサイルを乱射しました。そして今、アメリカの空母が日本近海に向かってきています。中国に対しても強い圧力をかけています。
 そういう中で我々が何もしなければ、拉致被害者救出の旗は核問題の嵐の中で飛んでいってしまうかもしれない。しかし逆に、このような強い圧力をかけない限り、北朝鮮は動かないんです。
 金丸訪朝の時もそうでした。93、4年の核危機の時もそうでした。そして2002年に5人を取り戻すことができた時もそうでした。危機をチャンスに変えることができるかもしれない。それは我々が何をするかにかかっている。今本当に、正念場中の正念場を迎えたと思っています。
 ですから、「拉致問題を最優先にして今年中に全被害者を救え!国民大集会」なのです。一緒に、「最優先だ」「今年中に救う」という声をあげていきたいと思います。宜しくお願いいたします(拍手)。
 それでは主催者を代表して、飯塚繁雄家族会代表よりご挨拶申し上げます(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3