救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する南北情勢の中で拉致問題を考える」全報告



◆帰ってきても誰も迎えてあげられなくなるのが不安

斉藤文代(松木薫さん姉)
 熊本は災害にあってから皆様方に色々とお力をいただき、頑張っています。私たち拉致被害者家族も、今日は何かいいことがないかなと思って東京に出てきます。今日は午前中色々なお話をさせていただきましたが、文面には、ああそうですかというようなことしか書いてありません。これをじっと読んでいると本当にむなしくなってくるんです。いつまで待てばいいのかしら、と。
 私は母も父ももういません。薫が熊本に帰ってきた時、誰が迎え入れてくれるのか。私がしっかりしていないと、帰ってきた時、誰が迎え入れてくれる人がいなくなる。本当にそのことで不安になってきます。
 命が一番大事なんです。帰ってみれば、命がなくなっている人もいる。一生懸命頑張って北から帰ってきても、もし私が待っていなかったらと思うと、自分の病気にも負けてはいられないという気持ちで、東京に上がってくるんです。
 本当に時間が過ぎていますので、どんな方法で日本は私たちの家族を助け出してくれるんだろうと思いますと、私はどうも思っていませんけど、じんましんなどたくさん出てくるんです。
 そういう考える時間をなくしていただいて、1分でも何秒でも早く家族が帰ってくること。まずそれを一番に考えていただきたいと思います。何十年も待っていたら、私たちもいなくなります。家族と私たちは会いたいんです。1か月でも1年でも一緒に生活ができたらいいんです。
 それでもよしと思わなければいけないと期待を持っておりますので、これからも長く帰国を待たなければいけないのかなとも思いますが、なるべく短い時間で解決ができるように、私も頑張りますので、どうか皆様方のお力添えを宜しくお願いいたします。どうもありがとうございました(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3