救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する南北情勢の中で拉致問題を考える」全報告



◆2つの優先をどう貫くか

西岡力(救う会会長)
 国際情勢では嵐が吹いている。我々はアメリカの大統領選挙で投票することはできないし、韓国の政治に関わることもできない。しかし、大きなことが起きて、激しい嵐が吹く。そういう中でも日本人を助けなければならない。助けることは日本国の使命ですし、自国民を保護することは絶対に譲れないことです。
 この旗を上げ続け、拉致・核・ミサイルという包括的解決の中で拉致をまず最初に解決しなければならない。逆に、世界中の核・ミサイルに対する圧力も使って、トランプ政権がとるであろう大変な圧力も使って、どう先に解決するか。
 また、北朝鮮が拉致以外の日本人妻等を動かしても、それは赤十字レベルの人道的なことでやってほしいことですが、それが彼らがほしいものには絶対つながらないということを教えなければならない。ここでもあくまで拉致が優先です。
 この2つの優先をどう貫くか。嵐の中でも拉致の旗を飛ばさない唯一の方法ではないかと思っています(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3