救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

核・ミサイルと切り離して全被害者救出を先行させよ−特別集会全報告



◆韓国の家族会代表からの情報はシグナルなのか

本間 勝(田口八重子さん兄)
 今日はどうもありがとうございました。
 拉致被害者の救出は、北と接点のある朝鮮総連の協力が得られるか、それとも朝鮮総連が今まで通り北の支持通り動いて反日教育をやって、日本に反するような行動をやっていけば、この問題は朝鮮総連を通じては、なかなか解決しないと思います。
 韓国の家族会の代表から先日、「松本京子さんが体調を崩して入院した」という情報が出てきたというのは、何かのシグナルだと思います。これは西岡先生どうなんですか。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3