救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

核・ミサイルと切り離して全被害者救出を先行させよ−特別集会全報告



◆北朝鮮有事の際の被害者救出訓練は始まっている

恵谷 拉致問題の解決と軍事的な観点を結びつけるのは難しいと思いますが、一つだけ言えるのは、北朝鮮が有事になった場合、米韓軍に被害者の救出を頼むのは国家としてあってはならないことで、自らの力で取り戻したい。
 そういう意味での事前の担当舞台や隊員の訓練が大事です。これは現実的にはもう始まっています。市ヶ谷(防衛省)は認めないと思いますが、まだ法的な部分が残っています。そこをクリアーすれば、有事になった場合の米韓軍との交渉が非常に微妙になると思いますが、それも踏まえた上での関係の強化、コミュニケーションを円滑にやっていくことが大事です。
 少なくとも日米の軍関係は以前と比べれば比較にならないほどの緊密な連携になりつつありますが、問題は韓国軍です。ですから有事を意識した上での、軍事的な部分の関係を強化していくべきと思います。
櫻井 問題は韓国側というのは、救出するにはまず情報を持っていなければなりませんが、情報面でも、具体的なオペレーションの面でも韓国とのコミュニケーションがうまくとれていないという意味ですか。
恵谷 韓国軍としては、例えば陸上自衛隊と38度線を越えて共同作戦が可能になるのかどうか。自衛隊の特殊作戦専門の部隊が38度線以北での活動をする場合に、言葉の異なる隊員と動きたいと思った時に、韓国軍がどういう態度をとるか現状では全く分かりません。
 特に日本の場合、まだ法的にも確立されていませんから交渉もできないというのが現状です。
櫻井 日本の国内法を見ても、こういうオペレーションは全くできないのが現実ですから、韓国の問題だけではなく、日本の問題でもあるということですね。今は自衛隊が行ってオペレーションをするということは全く考えられないわけですね。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■