救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆「自分は拉致ではない」と言わされたら帰れない従兄弟の寺越武志

寺越昭男(寺越昭二さん長男)
 こんにちは。今日お昼に安倍総理との懇談の席がありました。私たちは2002年に、寺越事件の真相究明と拉致認定と、父昭二の遺骨の返還を求めてから14年経ちましたが、久しぶりにまた3点の解決のお願いをしました。
 北朝鮮は今また、「拉致問題は解決済み」と言っています。それをくつがえすには、寺越事件も一つの材料になるのではないかと思っています。寺越事件が拉致だと認定されれば、北朝鮮にいる従兄弟の寺越武志が拉致被害者になるわけで、拉致問題は解決したことにはなりません。
 父の遺骨も当然返してもらわなければ、拉致問題が解決したことにはなりません。もう一つ、真相究明ですが、やはり真相究明については武志が一番知っているわけで、どうしても北朝鮮で死なせたくはないと思っています。
 政府の認定というのは、もし仮に拉致被害者が全部帰ってきたことになったとして、従兄弟の武志が「自分は拉致ではない」と言った時に帰れないことになりますね。日本政府が拉致認定をしていてくれれば、被害者として帰ることになると思うので、そういうこともリンクしていると考えています。
 今後とも宜しくお願いいたします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3