救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆テロ集団を支える活動を阻止する新法を作れ

本間 勝(田口八重子さん兄)
 皆さん今日はこんなにたくさんお集まりいただき、ありがとうございます。
 本日の決議案の中で、「立法府は、北朝鮮のようなテロ集団を支える活動をわが国内で行うことを阻止する新法を作れ」とあります。今の金正恩との交渉の難しさを非常に感じるわけです。
 先般、金正日が亡くなった時、そして金正恩が出てきた時、少しはましな交渉が見えるかなと、解決の先が見えるかなと思ったのは皆さんも私も同じだと思います。彼はスイスに留学して、民主主義とか世界を見てきたはずなんですから。
 ところがどっこい、そんなことは考えられないのが現実です。金正恩は暴君の姿勢を益々鮮明化している。自分の体制のためには叔父も側近も公開処刑するというような状況ですから、この相手からわが国の全拉致被害者を取り戻さなければなりません。
 わが国には北の指示を受けて動く組織があるわけです。皆さんご存知の通りです。私の妹八重子は、朝鮮総連の大幹部の指示で、東京の池袋から失踪させられたわけです。
 この失踪の究明のために警察が当然動きました。そして家宅捜索寸前までいって、それが拉致解明にもつながるはずだったんですが、政治的に動く人がいて、家宅捜索は中止になりました。こういうことが現実にあるんです。だからこういう組織はつぶさないと、わが国の安泰ははかれない、これからも起きるということだと思います。
 拉致を実行した工作員とその工作員を支援した人たちがいます。支援者がいなければ、いきなり日本に不法入国した工作員が拉致し、国外に運び出すことはできないわけです。
 工作員をかくまって生活させる、拉致した人を隠す、こういうことを支援する人がいたから拉致できたわけです。今でも日本人を拉致して、戸籍を背乗りして、日本人になりすまして、何食わぬ顔で生活している人がいるわけです。
 こういう人を見つけ出して逮捕すべきですが、こういう人が逮捕されたとは聞いていません。誰一人もいません。こういう実態が拉致問題を長引かせているんです。私は第3項で、テロ集団を支える組織の解体までいけば、拉致の解決にもつながると思います。
 もう一つは、金正恩を国際刑事裁判に訴追することです。人道問題でこれだけの罪を犯しているわけですから、裁かれるべきです。国連がこういうことをびしびしやってほしい。過去にもこういう独裁者がいましたよね。そして処刑されています。そこにつなげれば金正恩が恐れると思います。そしてこれが日本人の解放につながると思います。私はそうなればいいなと思っています。ありがとうございました(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3