救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆お月様に何度も何度も、帰れるようにお願いをした

曽我ひとみ(拉致被害者、曽我ミヨシさん長女)
 皆さんこんにちは。今日は連休ということで、ご家族でゆっくり過ごしたい時と思いますが、こんなにたくさん、拉致問題を解決するためにお集まりいただき、心より感謝しています。ありがとうございます。
 4月の国民大集会にもご参加させていただき、この9月の大集会にも参加させていただきました。4月の時より9月の集会には、家族の方が体調を崩され、参加できない方が一人、二人と出ていることは、本当に心が痛みます。
 とにかく時間がありません。いつも、いつも同じことを訴えていますが、本当に時間がないのです。皆様方、もし自分のご家族が北朝鮮に拉致されたらどうでしょうか。こんなに長い間、私の場合には(拉致されてから)38年になります。
 38年と一言で言ってしまえば、「ああ38年なのか」と思うかもしれませんが、この38年間の中には、本当に言えないことがたくさんあって、色々な苦しみがあって、悲しみがありました。「ありました」ではなく、まだ私の母と会うことができていないので、これはまだ続いています。
 一昨日は皆様ご存じだと思いますが、十五夜でした。私も北朝鮮にいる時に、お月さんを何度も眺めて、「日本でも同じ月が見えているんだな。このお月さんに何かをお願いすれば私も日本に帰れるかな」と、お月さんに何度も何度もお願いをしたことを思い出します。
 私は14年前に日本に帰国することができました。帰ってきても私の母はいませんでした。私は日本に帰ってきて、北朝鮮に向かって、「どうかどうか母を一日も早く返してください」とお月様にお願いしています。 北朝鮮でも日本でも、お願いすることは同じです。
 どうかどうか、皆が一日も早く日本に帰ってきて、大切な、大切なご家族と一日も早く会える日が来ることを、私も心から願っています。そのためには、日本政府初め、国民の皆様方の、温かいお気持ちでのご支援の中で、どうかこの問題を一日も早く解結できるように、お力をこれまで以上にお借りしたいと思います。どうか皆様、宜しくお願いいたします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3