救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆拉致の交渉は核・ミサイルより最優先で

中山恭子(日本のこころを大切にする党代表、元拉致問題担当大臣)
 また、これまでにも何度もお話が出ていますが、核・ミサイル、北朝鮮が夢中になってここに集中して仕事をしている。この問題が出てきている中で、ミサイルが一発日本に飛んできて被害が出たら、何千人もの人に被害が及ぶかもしれない。そんな中で、拉致問題だけやれと言っている場合じゃないじゃないか。そういうような動きが最近各地で、色んな部署で感じ取ることができます。
 しかし、ミサイルや核を抑制する交渉や作業と同時に、今日の決議案を読んで、「これはありがたい」、「是非そうしてもらいたい」という思いがあるのは、「全被害者救出のための協議を行うことと、ミサイルや核を抑制することは矛盾しない」と書いてあります。
 まさにその通りだと思っています。核やミサイルを抑制するための動きを徹底して行うことは当然ですが、その中で被害者救出の交渉を行っていくことは、決して矛盾しない、やり得ることだと考えておりますので、政府の皆様に、核・ミサイルの方にまぎらわされることなく、被害者救出について、現に向こうで監禁されている日本人がいるんですから、このことについては最優先で進めていただきたいと思っています。
 また、先ほど加藤大臣が非常に心強いお話をしてくださいました。「死亡しているということを一切受け入れることはしない」とおっしゃってくださいました。死亡しているのではないかという心配が多くの方々の中に、核・ミサイルの問題と絡んで出てきている可能性があります。
 しかし、その証拠が一切ない限り、私たちは生存しているという前提で救出に当たる必要があると考えていますので、必ず向こうで生存している拉致被害者がたくさんいる。救出しなければ独立国家としても恥ずかしい。そういう思いで事に当たっていただきたいと考えています。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3