救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆すべての拉致被害者を返すなら独自制裁部分の解除はできる

西岡 今日の集会の意味ですが、今何人もの方が言及されたように、核・ミサイル問題が中心課題になっている。世界中で核の暴風雨が吹いている。そういう中で、拉致被害者を助けるという旗が、我々が何もしなければ、飛ばされてしまうかもしれない。無視されてしまうかもしれない。
 しかし、被害者が向こうで待っている以上、この旗を飛ばされるわけにはいかない。今日の集会は北朝鮮問題を解決する集会ではありません。拉致被害者を助け出す集会です。我々はどんな厳しい状況があっても、日本人を日本が助けるために、我々は加藤大臣や要路の方々に訴えています。
 拉致・核・ミサイルを全部解決しなければならない。しかし、やり方があるだろう。切り離してほしい。拉致問題と核・ミサイル問題を切り離して、命がかかっている拉致問題を先行し、日本が今かけている制裁の中で国際制裁以上の強い部分について、これをポケットに入れて、一日でも早く、向こうにいる人たちの精神の安定が保てている間に取り戻してほしい、それも最優先でとお願いしてきました。
 今、総理も大臣もそのような趣旨の話をしてくださいました。平壌は聞いていると思います。我々はあなたたちに強い圧力をかけるが、被害者を助けるために協議に応じる準備はできている。最優先で拉致問題を話し合う。3つすべてが解決しない限り動かないということではない。できることと、できないことがあるが、絶対に取り戻すという決意を、平壌に対して、そして世界に対して発信することが今日の集会の意味です。
 それでは各党代表にご挨拶をいただきます。まず、山谷えり子・自民党拉致問題対策本部長、元拉致問題担当大臣にお願いいたします。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3