救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮最新情勢と救出戦略ー東京連続集会92全報告



◆自分と金が大切な社会に

金聖●(自由北朝鮮放送代表、●=王へんに文)
 もう一つ、システムが揺れている事例を挙げると、市場のことです。実は2002年の7月までは、北朝鮮の市場は一月に1回だけ開かれる農民市場でした。そこでは生活必需品は売ることができなかった。米も売ることができなかった。ただ、自留地で採れる野菜などを農民が持ってきて売ることが許されていただけで統制されていた。
 ところが2002年7月1日の新経済措置の後、逆に政府が市場を作って、税金のない北朝鮮と宣伝していたのに、市場の業者から場所税を取るようになった。つまりシステムが揺れて、それに合わせて対策が後を追っているということです。
 小さい時から体制に対する忠誠心を教育されている北朝鮮の住民たちですが、日本では「アジアプレス」という民間の言論媒体があると聞いていますが、そのようなところが公開処刑の映像、あるいは闇市の映像を公開しています。その映像は誰が撮ったか。北朝鮮の住民や中間幹部がお金のために映像を撮っているんです。つまり忠誠心が揺れてきているということです。
 北朝鮮では、過去は個人よりも集団を大切にする社会だと言っていましたが、今はそうではない。自分がまず大切だ。金が大切だ。そういう社会に変わってしまった。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3