救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致も理由に北朝鮮に強力な制裁を−緊急集会報告



◆「拉致・核・ミサイルの包括的な解決」ではなく拉致問題は命と時間の問題

本間 勝(田口八重子さん兄)
 今日はいっぱい来ていただきありがとうございます。
 今日の緊急集会はなぜ緊急なのか。時間が経っているからこそなんです。解決に向けて動かしたい。ではどうするんだ。制裁を強めて北朝鮮を追い込む。または体制を崩壊させる。色々考えはあるでしょうが、相手の動き次第ということなんでしょう。
 その中で私は、ストックホルム合意からですが、北朝鮮は平壌に来れば特別調査委員会を立ち上げていつでも現状を報告しますよ、見せますよ、と。これは今思えば、なんだったのか。単なる北朝鮮の宣伝、アメリカに対しての宣伝に過ぎなかったわけです。
 だけど北朝鮮が言っていることは、今にもつながっているわけです。だとすれば、拉致対策本部が、外務省任せではなく、なぜ平壌に行かせないのか、とも言えるわけです。
 それで動かない現状を暴露して、北朝鮮はこんなに不誠実なんだと、何もやってないじゃないかと。ただ人間を返せばいいだけの話、現状は北朝鮮は十分に把握している。それなのに直別調査委員会という形で、日本人の遺骨問題とか、そんなことをやっている委員会なんです。
 だから私は、拉致が動かない現状から、日本政府のやり方も再考すべきではないかと思います。加藤大臣がおっしゃっている「拉致・核・ミサイルの包括的な解決」を行うのが現状の考え方です。
 色々なことを考えればそれは当然のことですが、私たちは命と時間の問題を抱えている。拉致被害者が帰ってこなければ、何の解決にもならない。拉致問題を命と時間の問題として、そしてテロの問題でもあるということをもっと強い認識を持って追及していただきたいと思います。
 今日は、ミサイルが飛ぶのではないかという問題が出てきました。そうなると拉致問題がまたうやむやにされようとしていると思います。拉致問題だけを独立させて二国間交渉で、北朝鮮も「これは弐国間の問題だから他の国の問題ではない。国連に出す問題でもない」と言っていましたので、それを追及してどんどんやれば、向こうは断れないはずです。
 それをやらないから、できないから時間がだらだらと経っているだけです。北朝鮮を追い込めない。私はそう思います。
 中山先生が、平壌宣言とストックホルム合意を破棄すべきとおっしゃいました。破棄すれば今までのつながりが消えてしまうわけです。これがあるから拉致問題が明記されないで、「拉致被害者は帰ってこないよ」と言われているわけなんです。
 私は、「拉致被害者は帰ってこない」という言葉は聞きたくないですね。もっと拉致被害者を取り戻す考えを、宣言の破棄ではなくもっと踏み込んだ手段があるはずですから、それをやってほしい。国会の中で議論してほしい。北朝鮮を一刻も早く追いつめてほしい、と私は思っています。
 ありがとうございます(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3