救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致も理由に北朝鮮に強力な制裁を−緊急集会報告



◆着実に前に進んでいるという実感が是非ほしい

飯塚繁雄(家族会代表、田口八重子さん兄)
 みなさまこんばんは。今、お話の通り、北朝鮮が約束して1年半が経ってしまったというこの事実。これは何も、報告書を出せというのではなく、まだ待っている被害者たちが帰国できないという状況をきちんと認識して、今後の活動につなげていかなければならないと思っています。
 本日はこの緊急集会に、我々家族会・救う会と、政府、各党の大臣経験者が来ており、この場面を非常に心強く感じています。
 しかしながら、結果として実効のある行動、対応につながらなければならないとも思います。今日はそういう意味も含めて、我々は強い態度で臨んでいくという決議文が最後に出されます。
 家族としては、また時間がかかるという予測はありますが、着実に前に進んでいるという実感が是非ほしいと考えていると思います。
 この集会を機に、さらなるスピードアップをねらった対応を政府に要求していきたいと思います。宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。
西岡 ありがとうございました。続きまして、お忙しい中かけつけてくださいました加藤勝信・拉致問題担当大臣、お願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3