救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮はどう動くか-東京連続集会87 全報告



◆時間をかけていい問題ではない


西岡 家族会の会見を北朝鮮の関係者が聞きにきていたわけですね。
飯塚 そうです。こっそりと来ていたようです。私は全然気づかなかったのですが、後で政府の方に教えていただきました。我々の発言が気になっていたのではないかと思っています。
 今回国連を訪問して皆様にお伝えしたいことは、訪問前の報道で、拓也さんと私という家族会の中でも若い世代が訪問されたことについて、世代交代についてものすごくメディアの方々が取材されたふしがあるんですが、この問題は別に世代交代すべき問題ではない。ここで終わるべき話でして、しつこいようですが、時間をかけていい問題ではないということを改めてご認識いただければと思います。
 この問題と、今後どう救出するかについては、明日新大臣に面会させていただきますので、そこでも強く要望したいと思っています。我々は今年、口をすっぱくして言ってきましたが、報告がほしいわけではなく、あくまでも帰国させることが目的ですので、そこに向かって邁進したいと思います。以上です。ありがとうございました(拍手)。
西岡 耕一郎さんはここで退席されます。ありがとうございました(拍手)。続いて、横田拓也さんお願いします。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3