救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

これだけできる北朝鮮への追加制裁‐東京連続集会86 全録画



北朝鮮が特別調査委員会を立ち上げ、日本が制裁を一部解除してからまもなく1年になります。自民党では、拉致問題対策本部(古屋圭司本部長)がプロジェクトチームを作り、13項目の追加制裁案を6月25日に総会で了承し、即日安倍総理に手渡しました。今回はプロジェクトチームの塚田一郎座長(参議院議員、拉致議連事務局長)にお越しいただき、その内容につき報告していただきました。また、緊迫した日朝関係の中で、救う会の西岡力会長と島田洋一副会長が報告・コメントしました。
 在京家族も参加、飯塚繁雄代表は、「もう頭の中は被害者の帰国、それだけです。この時期に及んで特にそういう気持ちが強くなっています」と現在の心境を述べ、北から報告をもらうことではなく被害者の帰国こそが大事と訴えました。横田早紀江さんは、拉致被害者について「国民全部が自分の子供だと思って、完全に取り返すという気持ちを一緒にしていただければありがたい」と協力を呼びかけました。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3