救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し政府に毅然たる対応を求める緊急集会」全報告



◆「こういう戦略でこうします」という説明会を家族にしてほしい

西岡 最後に一言申し上げます。本来なら、政府が戦略を立てて、「こういう戦略でこうします」という説明会を家族にしてほしかったなあと思います。専門家や議員の先生の意見を聞くのは当たり前のことです。
 先ほどから繰り返しおっしゃったように、被害者家族であって、それ以上でも以下でもないわけです。「家族の意見を聞いて決めます」と言われることもプレッシャーになります。
 塚田一郎先生は、自民党拉致対の事務局長で拉致議連の事務局長として最後までいてくださって、紙で読んでは分からない家族の方々の気持ち、そして全員取り戻してほしいという気持ちを聞いていただきましたので、是非それを総理にきちんと伝えていただきたいと思います。
 そして、できるならば、自信を持ってこの方針で行くんだという説明会をしていただきたいと思います。今日の説明会は、「まだ何も決まっていません」という説明会でした。それはちょっとどうかなと思います。
 すべての情報を持っている人が判断すべきと思いますが、今の状況を客観的に見ると心配で、懸念事項がたくさんあるということをみんなで申し上げました。 そして北朝鮮に対して、日本人は全然ぶれてない。すべての被害者が帰ってくるまで我々の怒りは下がっていない。一人でも、月や星を見て、「いつ助けが来るんだろうか」と思っている人がいるならば、解決ではない。助けに行かなければいけないのは私たちだということを確認して今日の集会を終わりたいと思います。ありがとうございました(拍手)。

以上

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3