救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し政府に毅然たる対応を求める緊急集会」全報告



◆帰国をお袋、親父の墓前で報告したい

早坂勇治(早坂勝男さん兄) 弟は印刷工でした。昭和43年に失踪しましたので、もう46年になります。年齢は70歳になりました。荒木先生に聞いたのですが、印刷工は昭和43年を前後して7、8人が失踪しています。おそらく偽札を作らせるために連れていかれたのではないかと聞いています。
 父も母も、弟がどこにいるということは一言も言っていませんでした。最後にお袋が平成6年に亡くなり、その時妹たちがたんすを整理したら、一番下の引出しに願をかけたお札があったそうです。それが胸に詰まる思いでした。
 是非とも帰国してお袋、親父の墓前で報告したいと思っています。宜しくお願いいたします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3