救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し政府に毅然たる対応を求める緊急集会」全報告



◆交渉者は第三者になってはいけない

西岡 松木さんは、小泉総理に大変核心に触れる質問をしたことがあります。2004年に、小泉総理が二度目の訪朝をした時、家族会が大変バッシングを受けた会見の時ですが、「総理、被害者が生きていると思っていらっしゃいますか」と質問しました。
 私はその時そこにいましたからよく覚えていますが、残念ながら総理の答えは、「分かりません」でした。早紀江さんがよくおっしゃるんですが、「子どもが池に落ちでおぼれている。そしたらみんな飛び込んで助けるじゃないか」と。飛び込むときに、生きてるか死んでるか分かりませんとは思わないんですね。病院に運んで脈を取って確認するまでは、助けようと思っている人は、「生存を信じています」と言うんですよね。
 「分かりません」というのは第三者だなと残念ながら思いました。その時質問されたのが松木さんだったので思い出しました。今の政府の交渉が第三者にならないように。
 中山先生が、家族支援室を作った時は、最初から、「全員生存が前提です」とおっしゃっていましたが、その中心に安倍総理がいたことも間違いありません。今どうなっているのかなあと思っています。
 次に、内田美津夫さんにお願いします。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3