救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し政府に毅然たる対応を求める緊急集会」全報告



◆本当に、助けてあげたいという気持ちを持っていれば

横田早紀江(横田めぐみさん母) たくさんのみなさんにお集まりいただき、本当にありがとうございます(拍手)。小泉さんの時に、「死亡宣告」されて、残酷な経験をしましたが、今日は拉致議連の総会でも本当にたくさんの先生方に集まっていただきました。
 これまでの長い間の苦労や犠牲がありましたが、今日のように本当に本気で集まっていただきました。そういう方がどれだけいらっしゃるのだろうかと、いつもこのような会議の時に悲しいなあと思って見ておりました。
 いまは本当にたくさんの方が集まってくださっていますが、でもどのくらいの方が本気で集まってくださっているのかなあと思いながら拝見していました。
 外務省の方が自分のお子さんがこんな目にあって、その中で日朝協議に臨まなければならないとしたら、ずっとこのままの形では帰ってこられないのではないかと思います。私だったら突っ込みかかっているかもしれないです。何をしているんですかということですね。
 本当に、助けてあげたいという気持ちを持っていれば、もっと真剣な形ができるのではないかといつも思いながら、悲しいなあと思いながら見ておりました。
 今日は色々な意見を出していただきましたが、これからどこまで本気が盛り上がって、どれだけ向こうに伝えられるのかです。37年間かかってようやくここまで日本が真剣な目を向けてくださるようになったことは、とても嬉しくて感謝しています。
 特定失踪者の方も含めて、こんなばかばかしいことをされた国が、なんでこんなに静かにしているのかということを、もう一度しっかり考えて宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3