救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し政府に毅然たる対応を求める緊急集会」全報告



◆総理にきちんと伝える

山谷えり子・拉致問題担当大臣 ただ今、申し入れ書をいただきました。総理にもきちんとお伝えしたいと思っています。拉致問題の解決、すべての被害者の救出と帰国、そして安心して日本に住んでいただけるように環境を整えることが最優先、最重要課題です。
 報道では墓参の事業化が出ましたが、まだ具体的に決まっているわけではなく、拉致問題の解決が最重要課題です。これをきっちりと北朝鮮に伝えて、一日も早く誠実は報告をするように、そして結果を出すようにしていかなければなりません。
 そのためには、強い交渉力が必要で、オールジャパンの体制で強い交渉力を作っていくということが大事です。政府としては、これからの具体的な方針が決まっているわけではありません。今日、各党、また国会でも議員の皆さんから様々な意見をいただきました。
 方針を決めるに当たっては、家族会の皆さんの声や救う会、特定失踪者問題調査会、そして様々な関係方面の声をお聞きしながら、調査を前に進めるという視点から、具体的なことを総合的に考えていきたいと思います。
 この申し入れを総理にお伝えしながら、結果を出していくという強い気持ちで進んでいきたいと思います。ありがとうございました(拍手)。
西岡 山谷先生、本当に頑張ってくださいよ!(拍手)。
 次に、自民党拉致問題対策本部長、全拉致担当大臣でこの交渉を始められた古屋圭司先生にご挨拶をお願いいたします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3