救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し政府に毅然たる対応を求める緊急集会」全報告



◆我々が強い声を上げなければいけない日

西岡(総合司会) 今日は様々な会合がありました。自民党の拉致問題対策本部、次世代の党の拉致問題対策本部、そしてこの場所で拉致議連の総会がありました。
 今日は、我々が強い声を上げなければいけない日です。まず、北朝鮮は国連の公開の場で世界各国の外交官を集めて、北朝鮮の次席大使が、「拉致は解決済みである」、そして「日本がしつこくいうから再調査をした」、「日本が義務を果たすべきだ」と公然と言いました。
 これに対して、日本政府の中から怒りの声があまり出ていないのが不思議だと思っていますが、拉致議連の平沼先生、古屋先生にすぐ電話をして、「これはどういうことですか」と聞きましたら、緊急抗議集会をしようということになり、各党の代表の先生にも来ていただいて、「解決済みとはなにごとだ。人をさらっておいて、一方的に死んだと言って偽の遺骨を出して、再調査すると言いながら結果を出さない。そういうことについて我々は怒らなければならない」と。
 そして、政府は今北朝鮮に言われて、平壌に当局者を送るかどうか最終判断をすると言っている。判断をする時に、家族の声、そして国民の声を聞くと言っています。
 お忙しい中、担当大臣も平沼会長も、各党の先生も来ていただきました。ここで私たちの怒りの声を強く上げたいと思います。
 まず、主催者を代表して、平沼赳夫・拉致議連会長にご挨拶をお願いします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3