救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「日朝合意「再調査」−こんな問題が起きないか緊急国民集会」全記録



◆5人返して反北キャンペーンが吹き荒れたトラウマが北にある

松原 仁
 日本政府は、どういうことを北がやってきた時にそれに対してどう向き合うかを明快にしておくことが私は必要だと思っています。さきほども言いましたが、オールジャパンでジャッジをすべきだと。つまり私は前から申し上げているように、特定失踪者について日弁連の人権侵害申立ての人たち、そして認定被害者。ここは明快にその帰趨を明らかにすべきだと思います。
 死んでいるならば本当に死んでいる証拠を出せ、と。生きているなら戻せというのが当然のことだと思っています。この最低限の条件をきちんと付きつけた上で、他も当たるということをやってくると思います。
 その上で大事なことは、例えば日本政府は寺越さんに関して拉致とはしていませんが、これは明らかに拉致ですから、こういったものに日本政府がどう向き合うかということも大きなポイントになります。
 では具体的にどこまでどうなった時に、どこまで北朝鮮に対して向き合うのか。100点満点はないわけですから、それに関して政府だけが判断するのではなく、先ほどから申し上げているように、日本側は北が出してきたものをジャッジ(検証)をするぞ、と。その上でなければ我々は判断しないぞ、と。そのジャッジをするメンバーは、前のめりの外務省ではとんでもないことになってしまう。私はこの問題では外務省を信用しておりません。
 従って、この問題に関しては、私は基本的にここにおられるような、拉致議連の会長を含む何人か、そして救う会、ここに増元さんがおられますが家族会、調査会。こういったオールジャパンで、後は先ほど申し上げたような櫻井さんのようなずっとこの問題に寄り添ってきた方々。これはよく分かっているわけですから、そういう方々が北に対して、これは評価できないぞということも含めて向き合う。
 その中から、北は北で、向こう側の立場に立った時には、確かに日本側が何を言ったら許してくれるのか。彼らは彼らで5人返して反北キャンペーンが吹き荒れたというトラウマがある。それは嘘ついたから当たり前だと我々は思っているけど、彼らにとってはそれはトラウマだから、そこをどういう形できちんと解決に向けるかというロードマップを官邸中心に作っていると思いますが、それをきちんとした上で戦いに臨むということがポイントです。
 その上で、オールジャパンですから、官邸だけで判断すべきではないと思っています。以上です(拍手)。
櫻井よしこ
 ありがとうございました。参議院議員の井上義行さんが来ておられます。安倍政権の時に平壌に行かれました。その観点からも私たちたちが今すべきこと、できることは何かということでお願いします。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3