救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「日朝合意「再調査」−こんな問題が起きないか緊急国民集会」全記録



総合司会 櫻井よしこ(ジャーナリスト)
 みなさんこんにちは。ただいまより、「日朝「再調査」合意−全被害者の救出のために何をすべきか」緊急国民集会を開会させていただきます。司会の櫻井よしこです。どうぞ宜しくお願いいたします。
 まず冒頭に主催者を代表して、家族会代表の飯塚繁雄さんがご挨拶をいたします。よろしくお願いいたします。

◆絶対にだまされないように

飯塚繁雄(家族会代表、田口八重子さん兄)
 みなさんこんにちは。皆様既にご存じのように日朝の関係が少しずつ動き出したという感じを持っていると思います。そういうことに関心を持って注視していきたいと思います。
 長い間、この問題の解決の糸口がなかなか見えない時期を過ごしてきました。我々家族会も調査会も、そしてまた全国のボランティアの皆さんも早い解決を望んで、いろいろ活動をしてきました。そういう意味では、まだ結果は出ていませんけども、結果に近づくためのプロセスが見てきたかなという感じもします。
 しかしながら、あの北朝鮮ですから、今までの交渉の経過も踏まえて、絶対にだまされないようにしなければなりません。そのつどの段階では、政府判断が当然必要です。そしてそれに関する制裁解除とかあるいは協議の日程的なもの、さらには相手の特別調査委員会の実態がどうなのか、そういった観察も確認もしていかなければなりません。
 そしてそれが進めば、当然ながら、拉致被害者の名簿が出てくるはずですよね。全部がいっぺんには来ないでしょう。少しずつでもきた時に、それの検証も当然あります。これでは終われないという時点、節目がですね、必ずあると思うのです。
 ですから、日本側は日本側としてまだこれだけいるということをしっかりと調べをして、カードとしてもっていて、交渉に臨んでいただきたいなと思います。
 北朝鮮相手の交渉というのは、なかなか難しいかと思いますけども、かなりの専門家の方が沢山いるはずです。政府の中にも、議会の中にもいらっしゃいます。知恵を集めての戦略、戦術が必要だと思いますので、是非とも、直接関係する方々の今後の努力を期待しますし、私たちも、千載一遇のチャンスととらえて、私たちにできる活動はしつこくやっていきます。全員で注視していきたいとと心から思っています。
 今日のシンポジウムは色々参考になる点が多々あると思いますが、私たちもよく理解を深めながら、今後につなげていきたいと考えています。今日はよろしくお願いします。どうもありがとうございました(拍手)。
櫻井よしこ どうもありがとうございました。これは全国民が注視している課題でありますけれども、とりわけ拉致被害者のご家族の皆様方にとっては、大きな期待とともに不安感というものがどうしてもつきまとう訳です。これは今までの交渉の経過を見れば、やむをえないことです。そのような中で様々な不安を払拭して、交渉に踏み込むことを決意なさった。それが日本国政府ですけども、政府を代表して拉致問題担当大臣でいらっしゃる古屋圭司さんにお出でいただいています。古屋大臣からその思いと決意をお話しいただければと思います(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3