救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会79」全記録



◆北朝鮮人民空軍のマークが描かれた「金正恩専用機」


惠谷 レジュメに帰って説明しますと、金正恩は何と専用機、新聞用語では「政府専用機」となっていますが、私は「金正恩専用機」だと思います。このお披露目は5月10日ですが、実は4月1日に初めて金正恩は飛行機のタラップから降りる写真を公開しました。
 北朝鮮において、金日成時代から飛行機には乗っていますが、タラップから降りるという映像はありません。しかし、4月1日の映像を流したことで、金正恩は金正日とは違う、飛行機に乗れるんだという記事になったと思います。
 しかしこの時は、高麗航空という飛行機会社の機体から降りました。しかし5月10日は、朝鮮民主主義人民共和国と機体に大きく書いて、通常高麗航空の尾翼には北朝鮮の国旗が描かれていますが、専用機では北朝鮮人民空軍のマークが描かれていて、「エアフォースワン」的なデザイン処理が行われています。
 ウランバートルに横田夫妻が行かれた時に、ウンギョンちゃんはチャーター機で来た。その費用はおそらく日本政府が払ったのではないかと思いますが、私はそのことを思い出して、「あの時は専用機が使われたのではないか」と一瞬思ったんですが、今説明したように、4月1日も、それから3月15日にも、金正恩は、これは映像は公開されていないのですが、飛行機で移動しています。これは(韓国の)安企部情報です。その時の機体がどうなっていたかは分かりません。情報によれば小型機だったそうです。
 4月1日に、三池淵(サムジヨン)という白頭山の麓に金正恩が行った時は高麗航空でした。ところが5月10日、これは西部作戦区域という北の表現で、おそらくオンジョン(温井)かブクチョン(北青)あたりの空港ではないかと思いますが、ここは近いんです。
 私も乗ったことがありますが、平壌から一番遠い白頭山の麓まで飛行機で約1時間くらいです。1時間というのは、飛んだらすぐ着陸態勢に入る距離です。それが一番長い国内航路です。にも関わらずそういう専用機をつくる。これを考えると、いくら金正恩でもそういう余裕がないはずです。
 それを考えると、彼はまだ中国訪問をしていませんので北京に行くため、あるいはもっと遠くのモスクワに行くための準備ではないかと思います。これも表面的には安定している面で、先々を考えていると見られます。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■