救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「もう我慢できない。今年こそ結果を!国民大集会」全記録



◆実のある日朝交渉を

内田美津夫(寺越昭二さん三男)
 みなさんこんにちは。いつもご支援ありがとうございます。3月28日に日朝交渉に向かう外務省アジア局長に、私たち家族会の情報を聞いていただきました。
 その時、寺越家として、交渉の時に親父の件を取り上げていただきたい、向こうに話をしていただきたいと要請しました。正式にはまだ返事が外務省から来ていませんが、今日関係者の方から、色々な話の中に親父の件も間違いなく話していましたと。また、それについて向こうから明確な答えはその時出ませんでしたというお話をいただきました。
 相手が相手ですから、1回や2回ではっきり結論が出るとは思っていませんが、私が思うに、日朝政府間交渉は粘り強く2回、3回と続けて結果を出していただきたいと思っています。
 これまで2008年、12年と何度か日朝交渉がありました。しかし北朝鮮側に何かの問題が必ずあって交渉が途切れてします。一度途切れたら1年、2年のスパンで、また交渉がむずかしくなって話ができなくなる。こういうことが今まで繰り返されました。
 今回だけは私たちは協力に政府・外務省をバックアップして何とか実のある日朝交渉にしていただきたいと思っています。
 私たちは田舎にいて、少ししか活動できないんですが、嬉しいことに、昨年石川県議会で議連を立ち上げていただいて山田会長以下、本当に精力的に動いてくれています。この議連の方々の力をお借りして、結果が出るまでもう少し頑張りたいと思っています。ご支援のほど、宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3