救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「もう我慢できない。今年こそ結果を!国民大集会」全記録



◆まず憲法改正を

有本嘉代子(有本恵子さん母)
 皆様こんにちは。今日は主人が体調を崩し、私だけきたんですけど、主人と心を同じくしたいと思うことを話させていただきたいと思います。
 私は大正生まれですので、子どもの時分は、日本人はこうあるべきだということをきっちりと守ってきました。これはいつも日本人に生まれてよかったなという思いを持って過ごしてきました。
 その中で拉致問題が起こりまして、ともかく日本の国は世界中で一つしかない本当に立派な国だと思っています。その国に、なんとか恵子たちを返してもらうように運動を続けております。
 主人が多分今日ここで申し上げることは憲法の話だと思います。この間から耳にたこができるほど私に言うんですが、憲法を改正してしっかりとものが言える国にならないとこの問題は解決しないと言うんです(拍手)。
 だからそれをするのにはちょっと暇がいるかも分からないけれど、これをするのが入口だということをずっと聞かされています。私もそれを聞くたびに、そうだなという気になりました。だからこの問題を解決するにはどうしても憲法を改正して、どこの国でもしっかりものが言える国にならないといけないと思っております(拍手)。
 それには必ず皆さんのお力を借りなければいけないんです。国民投票というのがありますので、これには皆さんに投票していただかなければいけないと思っていますので、この時はどうぞご協力をいただき、憲法改正賛成の方に宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3