救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「もう我慢できない。今年こそ結果を!国民大集会」全記録



◆すぐそこに多くの拉致被害者がいる

松田良昭
 本日は27都道府県から多くの議員に参加していただきました。ある方はブルーリボンバッジをポケットにいっぱい、ある方は今日署名運動をしてきたという形で集まっていただきました。
 まず各都道府県の代表をご紹介させていただきます。
(副会長都県:28名)
新潟県 三富佳一会長、地方議連副会長(拍手、以下拍手略)
東京都 古賀俊昭会長、地方議連副会長
埼玉県 長峰宏芳会長、地方議連副会長
(北海道・東北:12名)
北海道 本間勲会長
青森県 阿部広悦議長(はじめ2名)
宮城県 代表 今野隆吉議員(はじめ3名)
秋田県 北林康司副会長
山形県 中川勝幹事長
福島県 遠藤忠一会長(はじめ4名)
(関東:11名)
群馬県 腰塚誠会長(はじめ3名)
千葉県 本清秀雄顧問(はじめ8名)
(中部:8名)
富山県 四方正治会長
石川県 山田憲昭会長
福井県 中川平一会長(はじめ3名)
長野県 桃井進幹事
岐阜県 藤墳守会長(はじめ2名)
(近畿:8名)
京都府 片山誠治幹事(はじめ5名)
和歌山県 代表 井出益弘 議員(はじめ3名)
(中国:7名)
鳥取県 野田修会長(はじめ4名)
島根県 小沢秀多会長(はじめ2名)
山口県 新谷和彦幹事長
(四国:4名)
徳島県 木南征美会長
香川県 黒島啓会長
愛媛県 住田省三副会長(はじめ2名)
(九州:6名)
大分県 麻生栄作会長代理(はじめ3名)
宮崎県 丸山裕次郎会長(はじめ3名)
神奈川県 竹内英明副代表、地方議連幹事長
神奈川県 小島健一事務局長、地方議連事務局長
 以上100名の議員に駆けつけていただきました。どうぞご起立ください。ありがとうございました(拍手)。
 四国の愛媛県の方に聞きましたら、このネッカチーフを作って我々はいつも立っているんだ。ブルーリボンだけではなく、「何ですか」という問いかけに、「我々は拉致問題をやって訴えをしているから」ということです。全国津々浦々で我々は戦います。
 私は先々週、4月13日の日曜日、新潟県佐渡に行きました。曽我ひとみさんの娘さんブリンダさんにもお会いしました。今日4月27日は署名活動をするので来れないということでした。
 後に海岸に行きました。海岸には韓国語のペットボトルや何だか分からないハングル文字のついたものがいっぱい流れ着いています。そしてあの海はまさしくブルーリボンの海でした。これがブルーリボンの水だということを実感しました。すぐそこに、横田めぐみちゃんを初め、多くの拉致被害者がいるんだという実感を持ちました。
 胸が熱くなりました。必ず返せ!万景峰の入港など絶対許さない(拍手)。みなさんどうぞ怒りを持って宜しくお願いいたします(拍手)。我々はこの怒りを北朝鮮に向かって発信し続けます。ありがとうございました(拍手)。
西岡 地方議会全国協議会は都道府県議会の先生方ですが、全国の市区町村議会の先生方もたくさん来ていただいています。どうぞお立ち下さい(拍手)。
 そして、全国の救う会の同志も来ています(拍手)。また、地方での盛り上げを当初からやってくださって、色々な面で私たちを助けて下さっている梅原克彦前仙台市長もいらっしゃっています(拍手)。
西岡 次に、いつもは家族会の方々は訴えとしていますが、今回は横田ご夫妻と増元さんには報告をしていただこうと思っています。横田ご夫妻はモンゴルで行われたお孫さんとの面会、そしてオバマ大統領との面談について、さらに今思っておられることについてお話いただきます。
 また増元事務局長にはニューヨークで、国連の安保理事会で初めて拉致問題が取り上げられました。我々は、勝負するとすれば安保理事会だと思っていました。国際機関で強制力を持っているのは安保理事会だけです。
 2006年に既に安保理事会まで訴えに行きましたが、各国代表部にお願いに行っただけでした。しかし今回は、国連の安保理事会で非公式ではありますが、拉致を含む北朝鮮人権問題の会議が開かれました。そこに増元さんに行ってもらいました。では増元さんからご報告をお願いします。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3