救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「もう我慢できない。今年こそ結果を!国民大集会」全記録



◆北朝鮮は圧力をかけた時に動く

井上義行(参議院議員)
 みなさんこんにちは。「もう我慢できない!」、その思いが私もすごく強く思います。これはなぜかと言えば、先ほど西岡会長から、「もう15年」なんです。
 私が第2次小泉訪朝の前に訪朝してからもう10年経ちます。その間に全くと言っていいほど拉致被害者、そして家族が帰ってきていない。多分私が交渉した最後になるんじゃないかと思いました。
 みなさん、違いますよね。まさに今年こそ我々は取り戻さなければいけないんです。横田ご夫妻がヘギョン(今回ウンギョン)ちゃんと会うのに第3国で会った。普通の家族だったら、日本で会える一つの家族を、一人の人生を変えてしまった。これが拉致問題なんですね。
 必ずというほど北朝鮮は、圧力をかけた時に動いてくるんです。私が訪朝した時にはちょうど北朝鮮への制裁法案が審議され始めた時でした。そして今回も、国連の人権委員会や、あるいは総連の建物を売却する、こういうことから北朝鮮が、なんとかくいとめなければならないという思いで日本に近づいてきたわけです。
 このチャンスをいかに活かすか、そして拉致被害者全員を取り戻さなければいけないんです。
 拉致問題の進展とは、話し合いではありません。北朝鮮が結果を出すことが拉致問題の進展だと思っています。そのためには皆さん、国民の声が、心が、日本の家族を返せ!、拉致被害者を返せ!という声が北朝鮮への最大の圧力になるということを我々は決して忘れてはならないんです。
 どうか皆さん、もう一度日本人全員に声をかけ、拉致被害者を取り戻すように北朝鮮への最大の圧力をかけていきましょう。宜しくお願いいたします(拍手)。
西岡 第一次安倍政権の時に、朝鮮総連を相手に、債権回収機構という準政府機関が民事訴訟を起しました。裏で週刊誌などを使って井上が一番悪い奴だと総連が大変な情報を流していました。追いつめるための厳格な法執行を当時安倍総理の秘書官としてやってくださった井上さんが今議員となって、みんなの党の本部長をやってくださっていることを大変嬉しく思っています。ありうがとうございました(拍手)。
 続きまして、結いの党拉致問題対策本部長の青柳陽一郎先生お願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3