救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ! 国民大集会」全記録



◆認定の有無にかかわらず、すべての拉致被害者を救出する


古屋圭司
 今皆さん、安倍総理が淡々と発言していましたが、しかし自らの内閣で必ず拉致問題を解決すると、静かな決意、闘志を感じ取ることができたと思います(拍手)。
 私も、安倍内閣のもとで、拉致問題担当大臣として総理、そして今日出席の与野党、そして家族会、関係者の皆様と一丸となって北朝鮮に、「我々の拉致被害者を全員戻さなければ、一切の支援はおろか制裁を解除することもない」ということ、それなくしてあの国が立ち行くことはないことをはっきり伝えること、これが私たちの解決への使命だと思います(拍手)。
 今日は、安倍内閣が12月26日に成立しましたが、その間の流れについてスライドでご報告をさせていただきたいと思います。
 まず、12月28日、内閣が成立して2日後、家族会の皆様全員と、我々拉致対策本部と懇談をしました。そして総理から、私の代で必ず解決をするとの強い決意を披露されました。
 今、平沼会長からもお話がありましたように、すべての国会議員の中で、一番拉致問題に最初から、議員になられる前から取組んで、そして国家によるテロにも等しいこの拉致問題を解決しようと、一番思いいれが強い議員が総理大臣に就任しています。
 そして、安倍内閣のもとでの拉致問題解決がスタートしました。これは拉致問題対策本部の会合ですが、実は対策本部は政権が代わり、新たに強化をしました。
 本部長はもちろん総理大臣で、副本部長は内閣官房長官、そして私拉致問題担当大臣と外務大臣、その他のすべての閣僚は全部本部員です。拉致問題に関係する事は、例えば教育での啓蒙活動は文部科学大臣が担当しています。すべてオールジャパンで取組んでいます。そして何度も会合をしています。
 これは1月29日に、政府野党連絡会です。平沼拉致議連会長も総理の横に座っておられます。党の中に拉致問題を解決するための組織がある政党は、与党であろうが、野党であろうが連携をしていく初めての試みで、総理官邸の中に拉致問題連絡協議会を作り、何度も会合をしています。忌憚のない意見を伺いながらオールジャパンで取組んでいる姿勢を内外に示しています。
 その他にも新たな試みをしています。政府主催で初めて、アメリカのワシントンとニューヨークで、拉致問題の啓発イベントを実施しました。この写真は国務省やシンクタンクの専門家に認識を新たにしていただくために招待したものです。飯塚繁雄代表にも訴えていただきました。
 ニューヨークでは会場が満員となり立ち見もありました。これは家族会の皆さん、救う会の西岡会長、特定失踪者問題調査会の荒木代表、特定失踪者の代表者がご挨拶をされた時です。ハンカチを出して目頭を押さえながら、この悲痛な訴えを聞いておられました。
 ニューヨークの市民にも、拉致問題のむごさをはっきりと伝えることができたと思います。
 ご承知のように、拉致はわが国だけではありません。世界の13か国で拉致が行われていることを強く訴えました。ニューヨークでは写真展も行いました。多くの方が足を運んでじっくり写真を見ておられました。このシーンが私も非常に印象的でした。メディアの方にもたくさん写真を撮っていただきました。
 安倍政権は、拉致問題解決のためにこれまで20か国を廻りました。20か国のすべての首脳に、拉致問題解決のための具体的な協力要請をし、首脳会談、G8、G20の共同声明にも必ず拉致問題を入れさせていただきました。
 またG8に行った時には、その後のV4、ビシェグラード4と言いまして、ポーランド、チェコ、スロバキア、 ハンガリーの代表と日本との会談の時にも、共同宣言に拉致問題を入れさせていただきました。なぜか。それはこういった国々が歴史的な経緯で北朝鮮と交流があるからです。
 その一環として、総理もモンゴルやベトナムを訪問して、首脳と会って拉致問題解決を訴えていますが、私もその後をフォローして、例えばこれはエルベグドルジ・モンゴル大統領の2期目の就任式典に私が政府代表に行きましたので、昼の会談と夜の懇談会で、つぶさに拉致問題について説明をさせていただき、ここでは申し上げられませんが、具体的な協力の要請をさせていただきました。
 ちなみに、つい先週、アルタンホヤグ・モンゴル首相が来日され、金曜日の夕方首脳会談をしましたが、この時私も同席して拉致問題に触れて具体的なことに言及させていただきました。
 ベトナムのズン首相との会談でも私は拉致問題について突っ込んだお話をさせていただきました。いずれも総理が首脳会談でしっかり話をされた後、私が担当大臣としてフォロー・アップさせていただいたものです。
 これはベトナムのアイ書記局常務、党のナンバー3ということですが、同じように訴えさせていただきました。
 これは8月の終わりに国連の調査委員会のカービー委員長他3名が来られました。家族会、関係者、外務省等から精力的なヒアリングをされました。昼食会の時は、私から1時間以上に渡り、拉致問題の本質的な問題について訴えました。
 この経緯は、昨年藤田進さんがジュネーブで、国連の中に拉致問題を取り上げる委員会を立ち上げてほしいと。私たち政府も強く訴えました。それが功を奏しました。藤田さんの話によると、「政府認定の拉致被害者は知っていたけれど、残念ながら特定失踪者と言われる方々についての認識が国連の中でも低かった」ということです。
 しかし、今は違います。多くの拉致の可能性を払拭できない方々が日本にいらっしゃることを、しっかり認識していただきました。
 これは最近のことですが、私の隣にいるのは津川雅彦さんです。これが拉致問題啓発のポスターで、安倍総理と津川さんが懇意にされていることもあって、私は津川さんに広告塔になっていただきたいとお願いしました。
 日本を代表する俳優ですから、まともにやるとギャラは高いですが、津川さんは、ボランティア、つまりノーギャラでやると(拍手)、私に言明されました。総理に伝えたところ、総理も喜んでおりました。彼が大きな啓蒙活動のキャラクターとして、「家族の愛は世界を救う」、そして全く罪のない人が突然さらわれて何十年も自由のないまま暮らしている。「拉致問題は絶対に許せない」とのキャッチコピーがポスターの横にあります。
 既にJR、民鉄、公共施設等に数十万枚張っていますが、もし皆さんがこのポスターを色々な所に張っていただけるなら、拉致対策本部まで連絡をください。雨や日焼けにも強いのも容易しています。但し、送料は実費でお願いします。
 私たちは、オールジャパンで取組むべく色々な活動をしています。目的は何か。総理がはっきりおっしゃいましたように、拉致被害者全員の帰国です(拍手)。このために色々な活動をしているわけです。
 私たちは、「政府認定の有無にかかわらず、すべての拉致被害者の帰国を求める」と変えています。そして特定失踪者問題調査会の荒木さんも、もう政府の認定を求めるのではなく、拉致された人をすべて取り戻す運動にご理解をいただいています。
 ボールは北朝鮮に、金正恩にあります。彼が拉致被害者全員を返さない限りは、もう日本から何の支援もない。それではあの国が立ち行かないことをはっきり分からせること、総理から言及があった通りです。
 今日も全国の地方議会の方々に来ていただいていますが、全国の38都道府県で拉致議連が活動しています。まだ成立していないところでは、金曜日の記者会見でも、全国の都道府県がどんな活動をしているかの一覧表を発表させていただきました。
 これは別に点数をつけるわけではありません。取組みが強くないところは是非お願いしますという私たちの心からの要請です。
 拉致問題の解決のためには、被害者の家族の皆さんもご高齢です。時間がないと言われていますが、時間がないのは北朝鮮も同じだと思います。
 今日出席している元担当大臣の松原仁さん。彼は大臣の時に立派なことを言いました。「拉致被害者家族がいなくなってから後、拉致被害者が戻ってきても解決ではない。時間がないのはあの北朝鮮も同じだ」。私は、このことは今の政権でもしっかり受け継いでおります。
 どうか皆さん、オールジャパンで私たちの、この国家テロに等しい拉致被害者を全員取戻すために、お一人お一人が力になっていただきたい。このことを切に申し上げ、ご挨拶に代えさせていただきます。ありがとうございました(拍手)。


西岡続きまして、今日の主催者の一つであります拉致議連から、この天候の中、多くの国会議員の先生方がこの会場に集まってくださいました。拉致議連の事務局長、そして自民党の対策本部長でもある山谷えり子先生より参加議員の紹介をお願いいたします。



山谷えり子
 皆様こんにちは。激しい怒り、そして深い寂しさをもってお集まりくださり、誠にありがとうございます。拉致議連のメンバーは、あらゆるところで、国内国外で情報を発信し、収集し、そして拉致問題全面解決のために行動しています。
 本日出席のメンバーを紹介します。
拉致議連会長 平沼赳夫衆議院議員(拍手、以下略)、
会長代行 河村建夫衆議院議員、会長代行 渡辺周衆議院議員、
副会長 漆原良夫衆議院議員、副会長 中山恭子参議院議員、
幹事長 松原仁衆議院議員
副幹事長 長島昭久衆議院議員(民主党拉致対策本部長)
事務局次長 塚田一郎参議院議員、
会計監査 上田勇衆議院議員
井上義行参議院議員、土屋正忠衆議院議員、山田美樹衆議院議員、
赤池誠章参議院議員、松田学衆議院議員、斎藤洋明衆議院議員、
松田学衆議院議員、細田健一衆議院議員、清水貴之参議院議員、
今村洋史衆議院議員、青柳陽一郎衆議院議員、金子恵美衆議院議員、
 本日台風のために飛行場や列車の駅で足止めされ、「本当にすみません」と私のところに連絡が来ている拉致議連のメンバーも多数いたことを申し添えます。
 本当に全力で頑張っていきますのでお力添え宜しくお願い致します(拍手)。


西岡続きまして、主催者の一つである北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会会長である埼玉県知事上田先生お願いいたします。



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■