救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

20. 増元照明




時間が十分ではなかったですが、家族の気持ちをいっぱい聞いていただいたと思います。私は今、全国の皆様にお願いしています。24歳で拉致された姉が、今帰ってきても56歳になってしまいました。32年間の彼女の人生を無駄なものにしてほしくないのです。彼女が帰ってきた時、「何で助けてくれなかったの」と言われて、「日本が弱かったから」、「日本の国会議員がだらしなかったから」、そんなことは言い訳にもなりません。
ですから姉にこう言ってやりたいのです。「みんなの拉致被害者の存在が、この国が国民を守れる当り前の国になる大きな流れを作ったのだ」と。「皆さんの人生は無駄ではなかった。みなさんの厳しい人生があったからこの日本をまともな国にする流れを作ったのだ」と。彼らの犠牲に対し、対価を与えたいのです。国民の皆様に、この拉致問題を通して、この国が本当にどうあるべきなのかを真剣に考えて、私たちと共に戦って頂きたいと思っています。


目次
第一部
1.増元照明
2.飯塚繁雄
3.平沼赳夫
4.中井 洽
5.古屋圭司
6.竹内 譲
7.泉田 裕彦
8.深井 明
9.荒木 和博
10.崔 光奭
11.バンジョン・パンジョイ
12.海老原智治
13.上田清司(メッセージ)

第二部
1.増元照明
2.西岡 力
3.横田早紀江
4.横田滋
5.有本明弘
6.飯塚耕一郎
7.平野フミ子
8.市川健一
9.松木信宏
10.松本 孟
11.寺越昭男
12.北野政男
13.横田 滋
14.横田早紀江
15.横田哲也
16.本間 勝
17. 有本嘉代子
18. 市川龍子
19. 斉藤文代
20. 増元照明

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3