救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

訪米報告と米朝首脳会談−東京連続集会101



◆北朝鮮の独裁者が決断しない限り帰ってこれない

西岡力(救う会会長)
 ということを確認してきたということで、アメリカが核・ミサイル問題だけではなく、拉致問題も自分の問題として取り上げるのは間違いない。残念ながらボルトン補佐官には会えませんでしたが、ポッティンジャーさんが伝えてくれたボルトンさんの話として、「補佐官はこの問題は日本に頼まれる必要はない。頼まれてやることではなく、アメリカの問題だといつも言っています」と言っていることを伝えてくれました。
 そこまで来たということです。それを前提として、あと少し話をしたいと思います。アメリカは6月12日に取り上げるだろう。しかし、金正恩が全員返すという決断をしたという兆候はありません。逆に彼らは最近声明を出して、「拉致問題は解決済」と言いました。これも現実です。
 我々は、最後は平壌を動かさなければなりません。そのために我々は圧力をかけ、アメリカは軍事的な圧力をかけて協力し、さまざまなことをやってきましたが、捕らわれている被害者がどこにいるかというと、北朝鮮にいる。北朝鮮の独裁者が決断しない限り帰ってこれないんです。その独裁者が決断したという兆候はまだない。ということで、今後どうなっていくのか。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■