救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「緊迫する北朝鮮情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆核除去でも抑止でも拉致問題解決の機会が来る

趙甲済(ジャーナリスト、韓国)
 私は、トランプ大統領が北朝鮮を軍事攻撃することを決断する場合は、次のような宣言をすべきだと思います。「軍事攻撃の目的は核を除去することで政権を倒すことではない。もしも核など大量殺傷兵器で北朝鮮が報復するなら、それはアメリカに対する攻撃とみなして対応する」と。そうしたら彼らは攻撃できないと思います。
 私は核除去ではなく抑止の方向に行き、抑止の中で圧力が極大化した場合に金正恩が弱い立場で交渉に出てくる可能性があると思います。まさにその時、拉致問題を解決できる機会が来るのではないかと思います。
 私は抑止が不利だとか譲歩ではないと思います。問題は時間が金正恩の側なのか自由世界の側なのかということで、私は時間は金正恩の側ではないと思っています。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■