救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「緊迫する北朝鮮情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆2つの条件がそろった時、交渉による救出が可能になる


西岡 力(救う会会長)
 私は27、8年前からずっと拉致問題を研究し、また救出の方法を考えてきました。そういう観点からすると今、チャンスが来ていると思っています。
 私が全国で講演をする時によく言っていたのは、家族会・救う会の運動方針にずっと書いてきたのは、被害者救出には3つの条件があるということです。
 第1は国際情勢です。北朝鮮が日本に接近せざるを得ない状況になることです。
 第2は日本の体制です。日本政府が全員救出する体制をとることです。
 この2つがそろった時、交渉による救出が可能になります。しかし、交渉による救出は、北朝鮮の政権が崩壊する前しか成り立ちません。我々には政権を崩壊させる力はないかもしれないが、突発事態はいつでも起こり得る。
 第3は、崩壊した時の備えを静かに準備しておくことです。
 もちろん崩壊した後助け出すのは危険が大きすぎるので、できれば崩壊する前に話し合いで取り返すことが望ましいが、我々だけが国際情勢を支配しているわけではなく、北朝鮮の内政を支配しているわけではないので、備えもしておかなければならない。
 国際情勢と日本の体制と崩壊に備えること、この3つが条件だと言ってきました。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3