救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「緊迫する北朝鮮情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆制裁は北朝鮮国内でも成果が出ていると聞いている

清水貴之(日本維新の会拉致問題対策本部事務局長、参議院議員)
 私からもまず初めに、増元るみ子さんのお母様信子さん、そしてジェンキンスさんに対してご冥福をお祈りします。
 我々日本維新の会も、政府が各国と協調しながら制裁を強めていく、圧力をかけていく行動を否定するものではありませんし、一緒に頑張っていこうという思いです。
 私は議員になってから実際に二度北朝鮮を訪問し、色々と話をしてきました。もしかしたら圧力をかけることからはそれることかも知れませんので、今日お越しの皆様方には、そういう行動は慎むべきという方もいらっしゃるかなと思います。
 訪問したからといって、何か解決策を持って帰れたかというと、力不足でそんなことはありません。大変申し訳なく思うのですが、時間がない中で、加藤大臣からもありましたように、できることはどんなことでも取り組んでいくべきだと思っています。
 圧力をかけていく、制裁を強めていくことに関しては、北朝鮮国内でも成果が出ているという話を聞いています。その一方で、核問題と拉致問題を一緒に考えないで分けていく、これは日本固有の問題ですから、しっかりと違う手段を使いながら手をつっこんでいくべきではないかとも考えています。
 そういうことで取り組んでいきたいと思っています。皆様方とともにしっかり考え、行動で示していく。結果を求めることに向けて最大限頑張りたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3