救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「緊迫する北朝鮮情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆結果が出ないのは残念だが、解決の必要性が増してきた

飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表)
 みなさんこんにちは(拍手)。今日は国際セミナーです。暮になりましたが、今後どうするかを考えていきたいと思います。
 今年ももうわずかですね。今、西岡会長から話がありましたように、私たちは、「今年中にこの問題を解決してほしい」という強い要請と、それに伴う活動を色々な面でやってきました。
 しかし、はっきりした結果はでていない。それはそれで残念なことですが、今年の後半は北朝鮮に絡む情勢が非常に混沌とし、また色々な情報が集まってきた
この時期、トランプ大統領が国連総会で北朝鮮問題を取り上げ、日本人の拉致問題も取り上げ、これを解決すべきだとの強い言及がありました。
 これはかつてない、初めてのことです。ということは、あのレベル、あの場面でも日本人拉致問題を取り上げ、各国ができることをして解決を目指すという必要性を生み出したと見ています。
 またトランプ大統領は訪日の時、我々家族会にも会って、拉致の実態や今考えていることなどを、ひざを交えて話をして彼の理解を得て、今後にかなりの風となったように思います。
 さらにはその後、北朝鮮をテロ支援国家に再指定してくれた。いずれにしても、私たちが望んでいることが実現したということは、非常に歓迎しますし、評価もします。後は、このような大きなうねりをうまく実際の帰国に結びつける作業が大事だと思います。
 単なるパフォーマンスに終わることなく、きちっと安倍総理と連携をとってほしい。大統領も、「安倍総理ときちんと連携して解決する努力をします」と我々にはっきりおっしゃいました。
 従ってこれをここで終わりにするのではなく、拉致の解決に有利な方向に持っていっていただきたいと思っています。
 これには、他にも北朝鮮に対する制裁に関する法律のことなど、我々と救う会とで全国的に、「もう待てないよ」という姿を見せないといけない。実は近々、増元るみ子さんのお母さんが亡くなられ、また佐渡ではジェンキンスさんが亡くなった。
 待ってる家族がいなくなる。帰ってきたのに親もいない、兄弟もいないというのでは、残酷で悲劇です。そういうことが刻々と近づいているんです。我々もしょっちゅう口を酸っぱくして言っているように、「一刻も早くこの問題を解決してほしい」。具体的な帰国に結びつくようにしてほしい。どうしても結果が見たいという思いを、今年の色々な変化をかてにして、来年度早くから動いて実現してほしいのが我々の願いです。今後とも宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。
西岡 今日はお忙しい中、来賓として加藤勝信拉致問題担当大臣に来ていただきました。一言ご挨拶をお願いいたします。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■