救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中に全拉致被害者の救出を!国民大集会全報告



◆特定失踪者家族会を結成、50家族が参加

大沢昭一(特定失踪者家族会会長、大沢孝司さん兄)
 今回初めて話をさせていただきます。私の弟は、曽我さんが拉致された現場の近くで、43年前に拉致されました。9.17後、曽我さんの存在を知り、拉致の現状証拠からして弟も救ってくださいと手を挙げました。
 全国各地から多数の人が手を挙げました。救う会では目いっぱいとなり、救う会事務局長の荒木和博さんが、それは私が責任を持ってやると、私たちは特定失踪者問題調査会に集まって、荒木代表の指導のもとこれまで来ましたが、この間、私たちも全国の知人、友人の支援を受けながら、全国各地で署名運動、あるいは集会で救出を叫び続けました。
 しかし、私たちが単独でやっても政府はなかなか助けてくれません。はや15年経ってしまいました。私たち家族も高齢化が進んでいます。高齢化のあせりと、意見を聞いてもらえない怒りが集まり、なんとか(特定失踪者)家族会を結成しました。
 失踪者家族の皆さんに加入を呼びかけましたところ、20年、30年運動を続けてきた同じ思いの同志が今現在50家族集まってくださいました。北朝鮮に変化があれば、その節は私たち家族の生存調査も北朝鮮に依頼し、これからも救出を訴え続けていきたいと思います。
 本日は私たち家族会の同志の皆さんが出席してくださいました。これから紹介させていただきます。私たちの親、兄弟を救うために頑張りますので、皆さんのご支援をお願いいたします(拍手)。

 では家族の紹介をさせてもらいます。

昭和44年2月、京都府で失踪した別役(べっちゃく)桂子さんの弟さん、別役瑞久(よしひさ)さん(拍手、以下略)
昭和46年4月、愛媛県で失踪した山下綾子さん従兄、長島清志さん
昭和47年11月、東京都で失踪した生島孝子さんの姉、生島馨子(けいこ)さん
昭和48年7月、千葉県で失踪した古川了子さの姉、竹下珠路さん
昭和49年2月、新潟県で失踪した大澤孝司の兄、私昭一と次弟の茂樹です
昭和49年5月、富山県で失踪した荒谷敏生(としお)さんの妹、矢島文恵さん。
昭和51年2月、埼玉県で失踪した藤田進さんの弟、藤田隆司さん。
昭和60年12月、兵庫県で失踪した秋田美輪さんの姉、吉見美保さん
昭和62年11月、埼玉県で失踪した佐々木正和さんの姉、佐々木美智子さん
昭和63年7月、宮崎県で失踪した水居(みずい)明さんの息子、水居徹さん
平成3年4月、埼玉県で失踪した佐々木悦子さんの母、佐々木アイ子さん
平成14年4月、新潟県で失踪した中村三奈子さんの母、中村クニさん
平成10年4月、長野県で失踪した菊地寛史(ひろし)さんの父正美(まさみ)さん、母恵子さん。
昭和51年7月、東京都で失踪したさん高野清文さんの妹、高野みゆきさん。
 私たちの家族は、拉致と似たような状態で失踪しています。これだけの家族が日本から拉致されているのに、私たちにはなかなか手を差し伸べてくださいません。今後加藤大臣にもお願いしていきます。以上です(拍手)。
櫻井 ありがとうございます。特定失踪者の方々が初めて家族会を作って今回出席していただきました。いかに多くの方々がつい最近まで拉致されているかということに衝撃を受けました。
 次に特定失踪者問題調査会を立ち上げて代表を務めている荒木和博さん、お願いします(拍手)。



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3