救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中に全拉致被害者の救出を!国民大集会全報告



◆小学校で家族について講演

松本孟(松本京子さん兄)
 こんにちは。今年の内に決着をつけるということですが、なかなか思い通りにはいかないのが世の中です。思い通りにいけば、これにこしたことはないのですが、なかなかいかないのはある程度覚悟の上で、話をさせていただきたいと思います。
 妹がいなくなって今年で40年になりました。私と一つ違いですから71歳になります。私は72歳で、昔の人なら杖をついて歩く年ですが、杖は使わなくてすんでいます。
 先ほどから色々な問題が出ていますが、中山小学校で講演をさせていただいて今年で4年目です。子どもさんたちに、家族ってこんなもんですよ、拉致されて一人抜けただけで家族って本当につまらなくなるんですよと話しています。
 みんな素直に聞いてくれます。全員が聞いてくれるわけではないですが、将来何かに困った時、高校を出た時や、大学生の時、なにかにつまずいてころんだ時に、小学生の時拉致問題について歳取った人が話していたな、もっと素直に聞けばよかったなと思う子がいるかもしれません。
 そんなこと言われなくても分かっているよという子もいるかもしれません。人の言葉は素直に聞いて損はしないと思います。
 妹がいなくなって40年経った時には、私たちは家族がばらばらみたいな生活をしていました。でもこの頃は、家内を初めとして、子どもたちもそれなりに大きくなって、物の分別ができるようになって、人の言うことをよく聞くようになって、私が子どもに何をしたわけではないのですが、その割に素直に聞いてくれるなと思っています。
 40年間本当に辛抱して今日まで耐え忍んできた。それも一つの人生なのかなという思いがしています。でも今年で拉致問題が片付くとは思いません。まだまだ皆様のご支援をいただいて、助け出せるものなら早めに助けたいという一心ですので、是非ともお力添えをお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3