救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中に全拉致被害者の救出を!国民大集会全報告



◆参加者紹介

西岡力(救う会会長)
 まず政府から安倍晋三内閣総理大臣、加藤勝信・拉致問題担当大臣(拍手、以下略)、西村康稔・内閣官房副長官、松本文明・内閣府副大臣、長坂康正・内閣府大臣政務官、担当者そろい踏みで来ていただきました。
 次に拉致議連、国会議員の先生方です。平沼赳夫・拉致議連会長、訪米してくださいました古屋圭司会長代行、山谷えり子会長代行、渡辺周会長代行、上田勇副会長、中山恭子副会長、松原仁幹事長、井上義行副幹事長、塚田一郎事務局長、笠浩史事務局長代理、鈴木馨祐事務局次長、土屋正忠会計監査、松浪健太幹事、松下新平参議院議員、財務副大臣木原稔衆議院議員、長尾敬衆議院議員、山田宏参議院議員。
 そして副知事が二人来てくださいました。川澄敏文東京都副知事、首藤健治神奈川県副知事。それ以外に多数の各都道府県代表が来てくださっています。お立ちください(拍手)。わが救う会の同志も来ています。お立ちください(拍手)。
 また救う会とともに戦ってきました梅原克彦元仙台市長、古森義久麗澤大学特別教授。ありがとうございます。以上です(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3