救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中に全拉致被害者の救出を!国民大集会全報告



◆単に話し合うだけの対話では意味がない

上田勇(公明党拉致問題対策委員長、衆議院議員)
 みなさんこんにちは。今日は大変な悪天候の中、国民大集会にこのように大勢の皆様方にご参集をいただき、誠にご苦労様です。
 非常に長い年月が流れ膠着した状態が続いています。被害者の皆様の思い、そしてご家族の心情を考えた時に、本当に大変なことだと察します。私たちも、政治に身を置く者の一人として大変責任を重く受け止めています。
 今北朝鮮をめぐる情勢が大変緊迫し、先行きの見通しが混沌としてきたのが事実です。政府からは、今日は安倍総理からもご挨拶がありましたし、またこれまでの総理や官房長官の様々な発言でも、拉致、核、ミサイルを一括して解決していくというわが国の方針が示されています。
 また国連安保理の議論の中でも、わが国政府からは、とにかくこの拉致問題を大変重視していることを再三訴え、決議の中にも、北朝鮮に住むすべての人の人権を守るということも盛り込まれた。そういう政府の今の対応を信頼し、またそれを強力に進めるように私たちもバックアップしたいと考えています。
 こうした難しい状況の中ではありますが、それだけに、先ほどから色々な先生方のお話にもありましたように、この状況を打開するチャンスの糸口も見えてくると思っています。是非今の北朝鮮に対し、国際社会がしっかり圧力をかけて、その中で問題解決の糸口をみつけていかなければならないと考えています。
 もちろんわが国政府が、圧力と対話、対話と圧力を基本方針とし、もちろん対話がなければ解決はできないんですが、今の状況の中で、単に話し合うだけの対話では意味がないと思います。
 拉致、核、ミサイルを解決していくんだ、そういう方向が見えるまで今の方針を続け、その中から解決に向けての交渉を進めていけるように私たちも政府の対応をしっかりバックアップしていきたいと考えています。
 そして今日全国各地からお集まりいただいた皆様方、それぞれの場所、それぞれの立場で拉致問題を解決に向けて、私たちも全力をあげていきますので、皆様方のしっかりとしたご支援、強固な後押しをいただけますようお願いして、私のご挨拶とさせていただきます。宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。
櫻井 上田さんありがとうございました。次に、日本維新の会拉致問題対策本部長、松浪健太さんお願い致します(拍手)。



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3