救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中に全拉致被害者の救出を!国民大集会全報告



◆朝鮮総連に独自の圧力、制裁を

渡辺周(民進党拉致問題対策本部長、衆議院議員)
 時間が押していますので、簡潔に訴えさせていただきます。昨日までの訪米団の中に、民進党からは元拉致問題担当大臣の松原仁先生に行っていただきました。アメリカとの話し合いの中にも、参加をさせていただきました。
 当然その中でも議論されていると思いますが、国際社会には様々な思惑があります。中国とロシアは一枚岩にはならない。しかし、核とミサイルについては、国際社会が原油の制限とか、外貨の有効な獲得源となっている労働者についても国際社会が厳しい包囲網を作る。当然のことです。そしてもう一つ忘れてはならないのがストックホルム合意。拉致被害者の再調査の約束をしながら、後になって、「拉致問題については誰も関心がない」等ということを北朝鮮の担当者が平気でほざく。
 それに対して、今までどなたも言わないのですが、なぜ朝鮮総連に対して圧力をかけないのか(拍手)。朝鮮銀行に投資したあの公的資金はどうなったのか。わが党の原口議員が委員会で取り上げています。わが国独自の圧力、制裁をかけることはできる。そのことを我々は、「政府与党がやらないのであれば、ぐうの音も出ないような対案を出して、是非この国会の中で受け止めざるを得ないような具体的な提案をしていきたいことを一言申し上げます。
 そのためにも皆様方のお力添えを心からお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました(拍手)。
櫻井 渡辺さんありがとうございました。次に、公明党拉致問題対策委員長の上田勇さん、宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3