救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会97全報告



◆対ロシア、イラン、北朝鮮制裁へ−米議会

島田洋一(救う会副会長、福井県立大学教授)
 アメリカが他の国と比べて圧倒的な力を持っているのは軍事力と金融力です。この二つを使えば、アメリカは単独でテロ国家を倒すことができる。従って北朝鮮との関係が緊迫化してきて、軍事力と金融力の行使という話が前面に出てくるのは当然です。
 日本の国会の惨状について西岡さんから話がありましたが、アメリカでもいわゆる「ロシアゲート」をめぐって実体のない話を政争の観点から色々やっています。
 同時に、アメリカは1週間前、対ロシア、イラン、北朝鮮制裁、この3か国に対する制裁を合わせた法案が下院で通りました。新たに付け加えられたポイントは、北朝鮮の奴隷労働力を使って作られた製品は一切輸入を認めないこと、また北朝鮮の奴隷労働を使っている企業に様々な制裁をかけることです。
 これが入った理由はロシアをにらんでのことです。だから対ロシア政策にも同じ法案でそれが盛り込まれたわけです。
西岡 上院はどうですか。
島田 上院では、対ロシア、対イランについては同じような法案が通っているんですが、下院が対北朝鮮を付け加えてきたので上院もほぼ同じような内容の法案に作り直して通す。最終的には上下両院の、日本風に言うと両院協議会ですり合わせて一本化する作業になります。
 上院ではご存知のマルコ・ルビオ議員が対北朝鮮制裁法案をまとめて出しています。そこでも北朝鮮の奴隷労働を取り締まるのが柱です。
 日本では、安倍政権がロシアとの関係を良好に保っていきたいという発想ですが、北朝鮮の万景峰号をロシアに入れるとか、ロシアが今後北朝鮮の奴隷労働をもっと受け入れる契約を結びましたが、そういうことに関して、日本もロシアに対して、そういうことを進めるんだったら日本との経済協力は断念してもらわなければいけないよというくらいのことは言うべきだと思います。
 それを全然言っていない。私は安倍政権を基本的には支持しますが、この点は大きな問題点の一つと思います。
 アメリカは特にロシア、そして中国をにらんで「奴隷労働」を使う企業に対する制裁を具体的に盛り込んできているわけです。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3