救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会の新運動方針ー東京連続集会94全報告



◆制裁を緩めるカードは拉致でしか使えない

西岡力(救う会会長)
 そして、「制裁を緩めるカードを使え」と我々は言っていますが、制裁を緩めるカードは拉致でしか使えないんです。今日本は、国連安保理事会が核でかけた制裁は守っています。それよりもっと厳しい独自制裁をしています。そして理由に拉致が入っている。しかし、日本人妻の問題や日本人の遺骨の問題は、北朝鮮の非人道的行為は制裁の理由には入っていません。制裁の理由に入っていないものは、そのことは前進させるべきだと思いますし、北朝鮮の非人道的態度は許しがたいと思っていますが、それが動いても制裁の理由ではないので解除できない。二つの最優先があります。
 特に前者の核・ミサイル問題との間の最優先は、過去2回アメリカが核・ミサイル問題で軍事的圧力を使った時、北朝鮮は実際動いたんです。今回も圧力がかかる。その時こそ北朝鮮が動く時なんです。
 1回目は拉致は一切議題にならなかったからゼロ回答だった。2回目はアメリカの圧力で5人を取り戻した。3回目はまず、アメリカと話し合って、早期解決という合意をとって、北朝鮮に臨む。核も重要だと言って、日本も一緒にやる。
 田中さんのようにアメリカをだまして、アメリカから核開発をやっているという情報があるのに無視して、北朝鮮と文章を作るようなことは安倍さんはしていません。今回まずトランプと話ができている。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3