救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致発覚から20年−我々はどこまで来たのかー東京連続集会93全報告



◆韓国政府が日本人拉致情報を日本に伝えていた

長谷川 私はすぐにソウルへ行こうと思ったんです。しかし、朝鮮問題の専門家でもないし、朝鮮語ができません。また取材の時間もなかった。しかし、韓国側には取材しなければならない。そこで東京の韓国大使館に取材しました。相手が誰かは控えさせていただきますが、然るべき要職者です。
 この方から相当詳しい話を聞きました。しかし、やはり亡命者のことはその人の命にも関わるし、それは勘弁してくれということでした。そしてこの取材の中で、韓国は相当の情報を確実に握っているということでした。
 確かに13歳の少女が日本で拉致されて、それも随分以前のことで、北朝鮮で監禁状態下にあることはよく承知していた。それが韓国で分かったので、当然のことながらすぐ韓国政府は日本政府に伝えていることも分かりました。
西岡 そのことがこの記事に書いてありますね。
長谷川 受けた印象は、韓国政府は、13歳の娘さんが拉致されるとはとんでもないと、何歳であろうととんでもないことですが、それを日本側に伝えたら、当然日本側は然るべき対処をするだろうと思っていたけれども、日本側からは何の動きもないと。あれ、日本って何なのかな。そういう気持ちを韓国政府側は、というか東京の大使館側が意外に思ったという印象を取材の中で受けました。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3