救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する南北情勢の中で拉致問題を考える」全報告



◆チャンスを捕えて、長引かせないように

飯塚繁雄(家族会代表、田口八重子さん兄)
 皆さんこんにちは。今日は国際セミナーにお集まりいただき大変ありがとうございます。また今年も終わってしまう。非常に残念です。毎年、「今年こそは」というテーマで我々は皆さんと共に活動してきましたが、今年もまた未解決のままということを認識せざるをえない。
 当然ながら私たちは一日も早く、一刻でも早くと思いつつ、長い間戦ってきました。そういう中で、皆様方の世論の高まり、政府や自治体、救う会などの団体の皆様の意気込みも相当あがってきました。そして「何で早く解結できないのか。早くしろ」という声がよく聞かれるようになりました。
 国連では安保理が北朝鮮に対する制裁決議がなされ、各国がそれぞれの事情に合わせた制裁をしようとしています。そういう流れの中で、さらにきつい制裁をしようという決定もなされました。
 今日はその説明会もありましたが、やはり北朝鮮がどういう状態になったら交渉に臨むのか。これが鍵ですね。イデオロギーは関係なく、日本人被害者を返すための実質的協議にどうやったらひっぱり出せるのか。課している制裁がうまくてこになって、北朝鮮が協議に応じてくることになれば第一段階の成功と言えますが、なかなか北朝鮮は分かりません。
 制裁を課したからこれでいいということではなく、制裁がどれだけ効果があるのかを検証しながら、チャンスを捕えて、長引かせないようにしてほしいと思いますし、対応も切らさずにしてほしいというのが私たちの願いです。
 色々なイベントや集会、署名活動も含めて、今だからこそ皆さんの大きな声がほしいわけです。本日は色々な皆様のお話が聞けると思いますが、そういうご理解の上で、さらなるご支援をお願いします。ありがとうございました(拍手)。
西岡 ありがとうございました。いつも来てくださっている拉致議連の平沼会長が、今日は体調がよくないということでメッセージをいただいています。本来ですと拉致議連の塚田事務局長が代読される予定だったのですが、今参議院の本会議がされていて、まだ参議院の先生方が来ておられない状況ですので、塚田先生のご依頼で司会者が代読させていただきます。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3