救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆北朝鮮が内乱状態の時、自衛隊が救出に入れるよう法改正を

中山恭子(日本のこころを大切にする党代表、元拉致問題担当大臣)
 予算委員会で、「北朝鮮の中で動乱、内乱状態が起きたような時、日本から自衛隊は救出に入ることはできますか」という質問をしました。安倍総理から、「極めて残念なことだけれども、できない」というお答えがありました。
 「ではどうするんですか」と聞きましたら、「アメリカか韓国の軍隊に入ってもらって、国境まで被害者を連れてきてもらうしかない」というお答えがありました。
 もちろんそれは分かっていたことですが、政府からそういう回答があったということをお伝えします。おかしいと思いませんか(拍手)。独立国家であれば、自衛隊が当然のこととして、アメリカや韓国の軍が入れるんですから、救出に入る。そういう国の法律に改正していかなければならないと思います(拍手)。
 このことについても、安倍総理は当然そうしたいと思っておられるはずですので、政府の皆様に、そして国会の皆様に、そういった時に自衛隊が救出に入れるような法改正を、簡単な自衛隊法の法改正でできるんですから、是非そこも進めていただきたいと思います。
 家族の方々がご高齢になってきているということを、それぞれのご家族の様子を見て切実に感じています。この動きをご家族がお元気なうちに、歳をとってきている人がいるということを待っている人がいるということだってありえます。そんなことを決して許してはなりません。
 お元気なうちに、必ず被害者を日本に連れて戻る。これが国として当然のことだということを、皆様とともに主張し、多くの力を集めて、被害者をご家族のふところの中に抱えられるように頑張っていきたいと思います。どうぞ皆様も一緒に動いてください。宜しくお願いいたします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3