救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆日本人が一つになって、今だからこそ拉致問題の解決を

山谷えり子(自民党拉致問題対策本部長、元拉致問題担当大臣)
 本日は皆様方、激しい怒り、寂しさ、そして断固解決するとの強い思いを持ってこのようにお集まりいただき誠にありがとうございます。
 北朝鮮で一日も早い救出、帰国を待っておられる被害者の皆様の心身の状態を思うと、本当に胸が痛みます。未だに解決できていないというのは、痛恨の極みです。
 北朝鮮の脅威が新たな段階に入ったと考えています。ミサイル発射は本年21発目です。そしてEEZ(排他的経済水域)に落下する。あるいは5回目の核実験。国際社会、国連の北朝鮮への視線は厳しくなっています。
 拉致問題に関して、北朝鮮は特別調査委員会を本年2月に、一方的に解体するという、本当に時間稼ぎと嘘の不誠実な態度です。断じて許すわけにはいきません。
 第二次、第三次安倍内閣になり、総理はありとあらゆる方面から、この拉致問題解決に向けて働きかけています。国連でも、EUとともに、北朝鮮の拉致問題など人権問題を調査する委員会を立ち上げ、そして400ページ近い報告書が出て、とんでもないことだと金正恩党委員長を国際刑事裁判所に訴追することを検討せよ、というを含めての総会決議を圧倒的多数で可決しました。
 そして調査と問題解決への歩みを進めるために、国連はソウルに現地事務所を作りました。そして今回また、核実験やミサイル発射の暴走を繰り返しています。
 これから国連では、安全保障理事会で制裁決議について議論がなされると思いますが、その中に必ず理由として拉致・人権侵害ということをしっかりと明記するように求めていきたいと思っています。
 昨日、自由民主党の拉致対策本部と外交部会で、さらなる拉致問題解決のために対北朝鮮制裁について議論しました。そしてとりまとめを行い、夕方に官邸で総理にお会いし、色々な考え方、具体的な項目について説明しながら意見交換をしました。
 例えば国連で、制裁決議が出るならば、必ず拉致問題も明記するように外交で働きかけてほしいこと、そして金正恩党委員長について「国際刑事裁判所に訴追を検討」ではなく、訴追するというところまで働きかけを強めていくこと。
 あるいは、アメリカにおいてはデイヴィド・スネドンという拉致疑惑のある青年がいます。これについてアメリカの上下両院に今決議案が出ています。それを早く採択するように働きかけを強めること。国際社会や国連に向けての働きかけを、議員外交、政府の外交をしっかり進めてほしいことを申し入れました。
 アメリカのテロ支援国再指定も、家族会・救う会の皆様と何度も渡米しましたが、国連に向けてもさらに働きかけを強めていきたいと思います。
 そして昨年、自民党の拉致対策本部が、古屋前本部長の時にまとめていただき、私も拉致担当大臣として受け止めておりますが、13項目の様々な具体的な制裁項目があります。
 それを昨日、改めて再検討しました。人の往来のさらなる制限強化、物の流れ・金の流れのさらなる制限強化、あるいは北朝鮮に向け短波放送で被害者への励ましのメッセージ等様々放送していますが、加えて北朝鮮の人々に対しても北朝鮮の国家のあり方が如何におかしいものであるか、国際社会は北朝鮮をどう見ているのか、自由と民主主義の価値も含めて放送の充実、内容の再検討も申入れをしました。
 あらゆることをやって、北朝鮮への目が厳しくなっている国際社会にあって、日本は拉致問題の解決、これは命には限りがあります。一日も早く帰国していただくことで家族とのすばらしい時間をもう一度取り戻さなければならない。
 時間との戦いです。安倍内閣は拉致問題を最重要・最優先課題として結果を出すように取り組んでいくこと、これを皆様とともに成し遂げていきたいと思います。
 一つの心になること。政府、与野党一体になって、拉致議連、地方議連、全国の知事の会、そして会場の皆様。街頭演説をしますと、多くの皆様が私のところに来て、「頼むよ」、「絶対解決しようよ」と言ってくださいます。
 オールジャパン、日本人が一つになって、今だからこそ拉致問題の解決に向けて強く歩を進める。その戦略を練り上げる時だと思います。これからも皆様方と共に歩み、結果を出したい。一日も早い帰国、救出に向けて頑張り抜きます。本日はどうもありがとうございました(拍手)。
西岡 ここに古屋圭司先生もいらっしゃいますが、スネドンさんの件について、最近アメリカの主要な新聞・テレビが報道しました。そして、アメリカの人権NGOが、アメリカの議員を回って決議を通すように動いています。アメリカの中に救う会のような活動が始まりました。
 全被害者を取り戻すという点で、我々にとって大きな援軍になりえると思っています。

 続いて、民進党拉致問題対策本部長代行松原仁先生お願いいたします。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3