救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆最初の認定拉致から既に39年

西岡力(救う会会長) 先ほど私は14年前の今日という日にちで申し上げました。実は39年前のあさって、日本政府が認定している拉致被害者、久米裕さんが一番最初に拉致された日です。39年、我々は救うことができないでいます。最近、蓮池薫さんが色々な所でこう言っています。「被害者は物質的にはそれなりに恵まれている。しかし精神的な安定が心配だ」と。
 14年前、5人の被害者が帰ってきました。それ以外の人たちは、「死んだ」とか、「拉致していない」と言われました。2年前に調査が始まったことを北朝鮮のニュースでもやりました。知っているはずです。それなのに何も来ていない。
 「今回の調査から始まった動きの中で、被害者が帰れなかったら、向こうにいる人たちは精神の安定が保てなくなるだろう」と、向こうで抑留された経験者が話しています。
 我々はそういう場所に39年間も被害者を置き去りにしてきてしまった。それが39年前以降のことです。
 今日こういう中で少し嬉しいニュースです。平沼赳夫先生が、少し休んでおられましたが、「拉致問題は絶対に解決する」という意思で復帰してくださって、主催者拉致議連を代表して挨拶をしてくださいます。平沼先生お願いいたします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3