救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今ここまで言える日本人拉致の全体像ー東京連続集会91全報告



◆巨岩も目印に

恵谷 治(ジャーナリスト、救う会拉致の全貌プロジェクト委員)
 これは北海道の瀬棚郡にある巨大な岩です。こういう目立つものが目印です。これは北海道余市郡のろうそく岩です。その左に三本杉岩があります。ろうそく岩は歩いていけます。これは青森県龍飛崎の屏風岩です。この割れ目が一番の特徴で、陸から見るとこれに似た岩が3つくらいあります。しかし沖から見ると、この割れ目が目印になっています。
 これは佐渡の櫓掛(ろかけ)岩です。西岡さんと行ったのですが、現状はここが崩れたものですから、道が使用不能です。これは佐渡の蓬来島です。ここに穴があり、接線には絶好の場所です。実際に事件が何度も起きています。これも佐渡で龍金(りゅうごん)岩で目立ちます。
 こんな岩場は潜入・脱出には使わないのではないか、白砂青松の方が楽だと思っていたのですが、今は逆で、これは見事な接線箇所だと思うようになりました。
 ここは新潟県親不知で、鬼ケリ岩と投岩があり、沖から目立つところです。韓光煕のリストにありますが、彼は鬼が鼻という岬を挙げていますが、そこは接戦も上陸もできないところで、この当たりではないかと思います。これは京都府宮津市日置海岸の妙見岩で目立ちます。この林の下が絶好の岩浜です。身を隠せるし、なかなかしゃれたところを探しているなと思いました。
 ここは兵庫県香住海岸の磯の松島で、こういう島がたくさんあります。こういうところは最初の頃は、ないんじゃないかと思いましたが、今は間違いなく接線現場だと思います。実際事件も起きていますし、観光名所でもあります。
 ここは山口県の鼻繰岩で、ここもよくぞ探したなと思います。海からは行けますが、陸から行くとなると難しい。海から確認したんだろうなと思います。なかなか見つけられないところで、ここが接線現場なら、本当にこの中にいればいいし、どこにでも移動できます。
 ここは鹿児島県佐多岬の灯台です。私も上り降りしたんですが、絶壁です。工作員ならともかく釣り客には危ないところです。つまり工作員にはいいところです。ここは石川県志賀町の前浜で、義経の船隠しと呼ばれています。ここはルートポイントではありませんが使える所です。もう一つの前浜がルートポイントですが、ついでに紹介しました。
 ここが秋田県の風吹岩で、風引岩ではどこにも資料がなく、救う会秋田の方と風吹岩と確認しました。窪地があり、接線で待っている時に風よけになります。総連の工作員の誰かが間違えて風引岩としたのだろうと思います。
西岡 ありがとうございました。今日は訪米して帰って来た島田副会長がいますので、報告をお願いします。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3